低コストで歯医者を開業|自社にスペースがない時はレンタルで会議室を作ろう
男性女性

自社にスペースがない時はレンタルで会議室を作ろう

低コストで歯医者を開業

歯医者

開業費用が節約できる物件

貸店舗や貸事務所など事業用賃貸物件にはさまざまな種類がありますが、その中のカテゴリーの1つとして居抜き物件というものがあります。通常、貸店舗などを退去する場合は、内装や設備をすべて取り去った状態で立ち退きます。これをスケルトン渡しといいます。反対に、居抜きは設備等をすべて残したまま明け渡すことをいいます。たとえば飲食店などは、厨房機器や客用テーブルなど、必要な設備をそろえるのに多額の費用がかかります。撤去に要する費用もまた同様です。居抜き物件の場合は、前の入居者が使っていた設備をそのまま引き継いで使うことができます。そして退去する際もそ撤去工事は必要ありません。つまり居抜き物件は、入退去に必要な費用を節約することができる物件だというわけです。

工事期間も短くて済む

こうした居抜き物件は、特殊で大がかりな設備を必要とする店舗によく見られます。例に挙げた飲食店のほかは、美容院などがよく知られています。また、店舗とはちょっと異なりますが、歯科医院もまた居抜き物件の多い業種です。歯科医院を運営するには、高額な治療機器や検査機器が欠かせません。また、待合室や受付カウンターなどの造作も必要です。居抜き物件ならば、こうした設備の設置や内装工事などを新たに行うことなく、短期間で開業にこぎつけることができます。また、言うまでもないことですが歯科医院用の居抜き物件は、前の入居者もまた歯科医院です。ということは、新規開業であっても前の医院に通っていた近隣住民そのまま顧客として引き継げるチャンスがあることになります。